HOME>オススメ情報>高齢者に優しい住宅を実現させるために必要な準備とは何か
手摺

家庭内で多い転倒事故を防止するために

高齢化社会が現実味を帯びてきた今、それぞれの家庭では高齢者に優しい居住空間を実現させることが急務となっています。そのためにはあらゆる生活空間に高齢者が過ごしやすい準備をしなければなりません。まず考えたいことは家庭内で起こりやすい高齢者の転倒事故を未然に防ぐことです。そのためには手すりの取り付けが必要になります。単純に付ければいいということではなく、必要な箇所に適切な手すりを取り付けることが必要です。必要でないところに付ければ邪魔になるケースも考えられます。たとえば、階段に手すりを取り付けることは法律で義務付けられていますので、この箇所での取り付けは当然と言えるでしょう。手すりというものは人の体重がかかるものですから、その強度も十分に考えなければなりません。どこにどれだけの強度の手すりを取り付けるかを考えることが大事です。

目的に応じたものを採用することが大事

手すりの取り付けには大きく分けて二つの理由があります。一つは高齢者の歩行の補助という役目と、もう一つは行動の補助です。歩行の補助という意味では、前述したような階段に取り付けるものがあります。歩行のための手すりですから、階段の上り下りに十分なだけの長さが必要です。もう1つの理由である高齢者の行動の補助ですが、これには様々な箇所を上げることができます。一番必要と思われるのがトイレや玄関、そして浴室などでしょう。こうした場所での行動では、立ったり座ったり、またはしゃがんだりすることが多いですから、そのときに体を支えるための手すりが必要です。このように手すりを取り付ける場合には、その目的によって種類もかなり変わってきます。取り付ける場所や目的に応じてどんな手すりが必要なのかを明確にさせておくことが重要です。

広告募集中